top of page

絶対に残したい!ニューボーンフォトで人気の撮影ポーズ~みのむし~



ニューボーンフォトみのむしポーズ


ニューボーンフォト撮影の中でも人気なのが「みのむし」ポーズです♪

小さく丸まって可愛いですね!!

生後約2~3週間で撮影するニューボーンフォトならではの、新生児の体の柔らかさを活かしたポーズです。

伸縮性のある布(おくるみ))で「みのむし」のようにクルクルと包みます。

ママのお腹の中にいた時のような安心感から、赤ちゃんも気持ち良さそうに眠ってくれるので撮影もスムーズに進められるのが特徴です。


赤ちゃんが安心して眠ってくれるポーズなので、みのむしポーズから撮影をスタートすることが多いです。

赤ちゃん特有の原始反射の一つで、突然前触れもなくビクッと両手を広げる「モロー反射」

も「みのむし」ポーズなら布で固定しているので安全性が高く、赤ちゃんが動いても大きな危険はありません。

ちなみに、モロー反射は一般的に生後約4~6か月頃まで見られるそうです。


※撮影中はパパやママにもご協力頂き、安心・安全な撮影を心がけています。



帽子やヘアアクセサリー、ハートや縫いぐるみなど小物でアレンジしています。




他にもアレンジ自由自在な「みのむし」ポーズ


赤ちゃんの小さな手足を出すように、ゆるく巻く「みのむし」ポーズは様々な小道具を使ってアレンジ自由自在です。

カゴやファーを使ったり、カラーコーディネートもパステルカラーやアースカラーなど多数揃えています。

ご希望のテイストがあればご相談ください!

素敵な思い出になるニューボーンフォトを残しましょう♪





閲覧数:171回0件のコメント

Comments


bottom of page